懐中時計4

かなり久々の投稿になってしまい申しわけございません。

10月にNYに買い付けに行っていたのでその記事を書いたりしなければ、、

と思いながらサボってしまっておりました。

 

その時見つけた懐中時計を紹介しますね。

 

1881年のイギリスの懐中時計になります。

ヘイウッド&アッシュフォードというショップ名が入っておりますので

ショップ別注品としてどこかのメーカーさんが作られたのかと思います。

 

 

 

 

 

 

うちでは珍しいカギ巻きの懐中時計になります。

 

 

 

ゼンマイも時刻もこのカギを使って巻いたり、合わせたりします。

 

裏蓋を開けるとゼンマイ穴があり

そこにカギを挿して時計と反対周りに

ゼンマイを巻きます。

 

 

 

表面を開けて中心にカギを挿し

時刻を合わせます。

 

面倒と言ってしまえばそれまでですが、こういう癖のある時計は

嫌いじゃない方い多いと思います。

 

急がずあせらず、出かける前に蓋を開けて時刻を合わせる。

コーヒーを入れるのとちょっと似ているのかも。

 

それまでの動きも楽しむって贅沢かと思います。

 

 

 

チェーンもダブルアルバートタイプといって

カギを下げるように2本組みになっております。

 

フォブチェーンともちょっと違いますね。

 

時計と鍵のチェーンの長さが一緒です。

 

 

こちらのチェーンも1913年のイギリス製になります。

 

 

是非時計と一緒にチェーンも合わせてご購入頂けたらと思います。

 

 

 

 

中心にイニシャルも彫れます。

 

 

 

 

 

 

 

ご興味ございましたら是非見に来てくださいませ。

 

お問い合わせは下記まで

 

TEL 03-3567-1088 FAX 03-3567-1088

old&new 店主 http://www.oldandnew-web.com/

コメント