懐中時計 1

こちらで取り扱っている懐中時計の一部をご紹介いたしますね。

 

大きく分けて3種類

 

オープンフェイス、ハンターケース、デミハンターとあります。

 

オープンフェイスが名の通り蓋無しの懐中時計になります。

 

 

竜頭が上部についております。

こちらは文字盤がポーセリンといって陶器で出来ております。

昔は金属にプリントが出来なかったので、陶器で作っておりました。

焼き物の為、変色が限りなく少ないので70,80年代のものでもしっかりときれいな白色を保っております。

 

 

続いてハンターケースのご紹介です。

こちらは蓋が付いていて竜頭が3時の方向に付いております。

右手の親指で押して蓋を開けるんですね。

 

 

蓋が付いているので、その部分に装飾(彫り物)を入れる事が出来ます。

こちらもしっかりと飾り文字が入っております。

シグネットリング同様、ご自分や家族のイニシャルを彫ったり

唐草などの飾りを彫ったりします。

 

こちらの懐中時計は時針、分針の形がとても細かくて素敵です。

エッジもコインエッジといってギザギザがしっかり入ってます。

 

 

 

こちら表面の花文字です。

 

 

裏面には年号が入っております。

1883年と。

 

全体的な仕上がりがとても素敵な懐中時計です。

 

 

 

 

最後がデミハンターというタイプの懐中時計になります。

こちらはハンターケースの蓋部分に窓があり、開かなくても時間がわかる

ような形になっております。

 

 

蓋が閉まるとそこにインデックスが付いており時間がわかるようになっております。

この無骨感がかっこよくもあります。

 

懐中時計がよりコンパクトに使いやすくなったのが腕時計なんですが、初期の腕時計には

これらの懐中時計の大きな竜頭部分が残っている腕時計もあります。

 

※菊座とも言うようで、甲冑、兜の飾りに使うパーツと同じような形から

 そう呼ばれることもあるようです。

 

 

 

 

 

銀のハンターケースもいいですね。

 

 

 

 

蓋部分にしっかり飾りが彫られております。

 

 

沢山ありますので是非ご来店下さい。

 

old&new 店主 http://www.oldandnew-web.com/

コメント