懐中時計 2

先日ブログに書いた懐中時計ですが、

この時代は、どこにでも時計があるわけではなかったので

懐中時計を持ち歩く為のケースだったり、旅行先など部屋に置時計として

立てかけるケースのようなものが存在しました。

 

こちらがそのケースになります。

 

 

内側のケースをスライドさせると中から懐中時計が出てきてきます。

 

 

 

 

その内側のケースを引き出して立てると置時計のようなスタンドになります。

 

 

簡単なただの「入れ物」という感じではなく、しっかりとこのケースにも彫りが入っていて

それだけで存在感のあるものになっております。

 

一点一点手で組んで彫りを入れていたと思うと、、、、、

 

 

こんな凝ったケースもございます。

 

 

 

 

 

こちらのケースは自宅用なのかと思います。外に持ち歩いていた懐中時計を帰宅した後に部屋に置時計や

ディスプレイとして置いていたのかもしれません。

 

ガラスと木の台座から出来てます。

 

 

ガラスの蓋は乗っかっているだけですので、すぐに外せます。

とても雰囲気のある置物に早代わりです。

 

 

中のフックに引っ掛けるだけになっております。

 

 

数が少ないので気になる方はご連絡下さい。

 

old&new 店主 http://www.oldandnew-web.com/