懐中時計3

ピンバッチは次回にしまして

新しく店頭に並んだ懐中時計のご紹介を致します。

 

まずは

HOWORDの懐中時計になります。

1902年から1930年まで続いたメーカーになります。

その中の1914年くらいの懐中時計になります。

 

サイズは12

ゴールドフィールド

文字盤はポーセリンになります。

¥188000

 

サイズが12(約4,5cm)ですので、そこそ大きく存在感のある

時計ですね。

 

 

裏面は装飾が入っておりませんので、大きめにイニシャルを彫っても良いかと思います。

 

 

 

箱付きで、しっかりとシリアルナンバーもふってあります。

$40と書いてありますが、その当時の$40なのであしからず。

 

 

 

続いては

ELGINです。

1864年から1964年まで続いたメーカーで

現在は名前だけ残っております。

※ただし昔の時計のクオリティーではないです。

 

こちらは1897年頃の時計です。

サイズは6(4,1cm)

こちらもゴールフィールドになります。

¥98000

 

 

 

側面の表情がかなり素敵でやられてしまいますね。

コインエッジではないですが、平行した線が波を打って側面を飾っております。

裏蓋部分の側面付近にもギザギザっとした彫り飾り入っております。

 

 

 

裏蓋の装飾になります。

中心にはクレストの模様があり、そのこにイニシャルが彫れるようになっております。

 

サイズが10ですが、かなりの存在感がありますね。

 

 

裏蓋を開けると中が見えます。

いじる事は出来ませんが、削りだしの金属の表面の模様だけでも

見ているとワクワクしてしまいますね。

 

 

 

 

 

続いては

Hamp Denです。

1877年から1930年まで続いたメーカーで懐中時計専門でした。

ロゴがもう既にかっこいいですね。

 

こちらは1909年頃の時計です。

サイズは0(約3,3cm)

こちらもゴールフィールドになります。

¥83000

 

 

 

 

普通の懐中時計とは違い、レバーセット方式といって

下記写真の部分の金具を引っ張り出してから竜頭を使って時間を合わせます。

面倒くさいといったらそれまでですが、こういった「手間」が自分は意外に好きですね。

 

 

最後に

WALTHAMです。

1851年から1957年まで続いたメーカーです。

 

こちらは1907年頃の時計です。

サイズは0(3,3cm)

こちらもゴールフィールドになります。

¥98000

 

 

 

 

 

こちらの裏面も彫り物がびっしりと入っており

中心にはクレストの模様があり、イニシャルが彫れます。

文字の他に好きな風景など、自分に意味のある描写のようなものを

彫ってもらう事もあるそうです。

 

見えにくいので写真に収めておりませんが

ヨットの絵、森林の絵が彫ってあるものがございます。

 

 

 

 

装飾部分ではない機械部分にも装飾の彫りが入っております。

何なんでしょうかねこの心意気って。

本当に見ていて惚れ惚れします。

 

 

 

また新しいものが入りましたらご紹介させて頂きますね。

 

old&new 店主 http://www.oldandnew-web.com/