ドライバーズウォッチ2

前回投稿した車に備え付けたり、持ち込んだりした時計も

ドライバーズウォッチやカーダッシュボードウォッチとも呼ばれますが

その時代から時計を腕にする時代になった時に出てきたものが

これから述べる時計になります。

年代は1920年〜30年くらいのものになります。

 

まずはELJIN 10kK GF

 

通常の時計と違うのは、ご覧頂くとわかるように

だいぶ湾曲しております。

この形状は手首の側面(親指の付け根辺り)に付けるため

にこの形状になっております。

運転中ハンドルを持ったまま、手首を回さすに確認出来るようにと。

 

 

 

この時計から改良されて出てきたものが

下記に述べる時計たちになります。

 

ラグ部分が可動して通常使いも出来るようになっております。

ただ、竜頭の位置が左側面に付いていることから

ドライバーズウォッチとしても使えますと言ったものなのかと

思います。

ただ、竜頭の大きさなどはドライバーズウォッチとしてもストレスがないようにと

薄く作られたり配慮はされているようですね。

それに、フェイスの形状を見てもらうと正四角形に近い形状なのがわかりますが

これはドライバーズウォッチの特徴の一つですので、そこはドライバーズウォッチに寄せてあります。

※縦長などの形状ですと、手首の側面に付けた時落ち着きが悪い為

 ドライバーズウォッチは基本正四角形に近い形になっております。

 

 

下記のようにラグが閉じるとドライバーズウォッチとして

お使い頂けるようになります。

 

 

 

通常使いの時はラグが平坦に戻ります。

 

 

 

 

こちらはGRUEN 10K GF

ラグ部分がデザインされていてとても素敵です。

 

 

可動するとこのような形状になります。

曲線が綺麗ですよね。

 

 

 

今の時計にはなかなか見られない複雑な形状、デザインに

魅了されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

こちらはwaltham 10K GF

 

やはりその周辺のデザインがシンプルで洗練させていて素敵です。

 

 

 

 

 

 

気になる方は是非是非お店の方にお越し下さいませ。

 

old&new 店主 http://www.oldandnew-web.com/